Tシャツの選び方。遊び方。

image
Tシャツ、パンツ、スニーカー
こんなシンプルアイテムの
コーディネートの時こそ
ひとつひとつのアイテムにこだわる。


特にTシャツ。
素材、デザイン、カラー、シルエット
リブの太さ、袖の形。。。
こだわるポイントって色々あるんだよね。
私は、
コンパクトで、正方形に近いシルエット
素材は薄手のさらっとしたコットンが好き。
リブが太いのと首が詰まってるのは、嫌い。
そんでもって、Tシャツなんだから
抜け感とか遊びがないとイヤだ。
で、選んだのがこのTシャツ。
色違いで買っちゃった。

そそ、OLDNAVYが撤退するじゃない?
あのニュースで
「500円のTシャツがペラペラだから撤退して当たり前。日本には○○○ロがある」
ってコメントが多かった。
私としては、
当たり前じゃん、500円だもん。
それに比較サンプルが常に○○○ロしかないのか?!
なんか、視野が狭いなぁ。
悲しいぞ。
と思う。

OLDNAVYのペラペラなTシャツはね、
一枚で着るもんじゃないのだよ。
ブラトップとか、キャミソールとかと重ね着を楽しむ。
あのペラペラ感は、ビーチスタイルで楽しむ。
ショートパンツと合わせたり、デニムと合わせる。
べろーんと首がヨレたら
それを活かして、デコルテ見せる。
べろーんと裾が伸びたら
ウエストで結ぶのも良い。
ヨレヨレになったら、乾燥機をかけて
わざと縮ませるのだよ。

目的によって、使い分ける。
そういうのも含めてファッションだから。
それを楽しめないで、どーするの?
私は、12000円のTシャツも500円のTシャツも
思いっきり楽しむ。

たかだかTシャツ。
されど、Tシャツ。

私は、楽しめるおしゃれしかしない。

「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/ブロガー GUCCI、CHANELにてキャリアを重ね独立。海とファッションが好き。ブラジル人の夫と娘とベイエリアにてのんびり暮らし。