GUCCIのローファーの選び方、育て方

img_2943
元社員だったので
やっぱりGUCCIのアイテムの出番は多め。

そんな訳で
今日はローファーの選び方、育て方を。

モノグラム
グリーンレッドグリーン
ドライビング
ホースビット
などなどデザインはたくさんあります。
といっても
シーズンごとにデザインは変わるし
国によって販売されてるものも異なります。

フィッティングの時は、ワイズが合っているかが大事。
ホースビットだと
金具が付いているので、伸縮性が限られる。
ホースビットが
曲がっていないかもチェックして。

サイズがない時は
その店舗で品切れしているのか
それとも、お造り自体がないのか
はたまた、この国での買い付けがないのかを聞く事。
一流ブランドでも
販売員は人材派遣から来ているアルバイトって場合もあるんですね。
知識がなく、十分な対応をしてもらえない時は
別のスタッフに変えてもらうのもありです。
フィッティングしながら
お手入れ方法を聞いたり
コーディネートを聞いたり
スタッフとのコミュニケーションを楽しむのもオススメ。

それから
ソールにもよりますが、
張り替えられるものは、張り替える。
お直しに出すときは、工法を聞く事。
必要以上に皮を剥いで
ゴムを貼りつける業者もいます。
歩き心地も悪く、見た目も悪い。
ちゃんとした業者ならば
どのくらいの厚みを削ると説明してくれます。

使った後も、毎回お手入れしてね。

私はね
こういうのが、本来のお買い物だと思うの。
シューズなんか特にそう。
椅子に座ってると
スタッフがたくさんのシューズを持ってきて
適切な対応をしてくれる。
ここで、お店との信頼関係を築いていく。
気に入って買う訳だから、めちゃめちゃ大事にするよね。
私のこのローファーなんて、15年は履いてるもの。

別にブランド物がいいってわけじゃないの。
私は、どのアイテムでも

私を素敵に見せてくれて
私の気分を幸せにしてくれるものしか選ばない。
もちろん、それを手に入れるまでの
全てのプロセスを楽しんでいるし
手に入れた後の時間の過ごし方を楽しんでいる。
好きなものだけを集めた
私のクローゼットは、宝物だよね。
シューズだって大事にお手入れして、育てる。
娘ちゃんとか、孫にあげるのが楽しみよ。

私にとって
ファッションは、人生。
今日もファッションを楽しもう♡

「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/スタイリスト 美大卒業後、ファッションの世界へ。グッチやシャネルの日本法人勤務後、独立。グローバル企業出身、自身も国際結婚をしていることから、 グローバルな視点での「ファッション」「ビューティー」「フード」「インターナショナル子育て」などについて「わくわく」「ハッピー」をテーマにしたライフスタイルのヒントを発信中。