ユニクロガウチョで真夏のモノトーンスタイル


Tops:zara
Pants:uniqlo
Heels:pinkice
Bag:pinkice
Watch:Fendi

真夏のモノトーンはNGですか?とご質問を受けたので
今回は、ユニクロのガウチョパンツを使ってモノトーンのスタイリングを解説します。

まずは、真夏のモノトーンはOKかNGか?
答えはOKです。
但し、白と黒の配分バランスがポイント。
黒の分量が多く、肌の露出も少ないとどうしても暑苦しい印象になります。
真夏のモノトーンは、白の分量を多くして軽さとさわやかを出しましょう。

今回は、ボリュームのあるガウチョパンツに白を使い、軽さを出しています。
トップスは、ショート丈のものを合わせて上半身をコンパクトにまとめると
下半身に安定感が出て脚長効果につながります。
さらに目線が上に来るように、パールのネックレスをプラスしてバランスを整えます。

足元は、ポインテッドトゥのヒールがおすすめ。
エッジが効いて足が綺麗に見えます。

カラーリングも、モノトーンなので徹底的に白と黒にこだわること。
差し色を入れるのも良いですが
最初は潔く
黒と白でまとめてすっきりクールにまとめるのが良いでしょう。
慣れてきたら、差し色でアクセントをつけるのもおすすめです。

パリッと見せてくれる白と黒。
真夏のモノトーンにもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/スタイリスト 美大卒業後、ファッションの世界へ。グッチやシャネルの日本法人勤務後、独立。グローバル企業出身、自身も国際結婚をしていることから、 グローバルな視点での「ファッション」「ビューティー」「フード」「インターナショナル子育て」などについて「わくわく」「ハッピー」をテーマにしたライフスタイルのヒントを発信中。