お台場ウォーターパークのプレス発表会


原田かれんです。

いよいよ夏本番。

今回は、お台場にオープンする
お台場ウォーターパークのプレス発表会に
アジアで大人気のイラストレーター・クリエイターかずはりんぬちゃんと
取材に行ってまいりました。


エントランスも夏の雰囲気満載。


入場してすぐに、更衣室があります。


ナイトプールなのでライティングも色鮮やか。
この日は、DJもプレイしています。
時間帯によってはDJの音に合わせて、泡が出てきます。
バブルパーティーも楽しめますね。


ここは、思いっきり浮き輪が楽しめるゾーン。
ナイトプールは子どもがNGというところが多いのですが
こちらは、家族連れで遊ぶことが出来ます。


これは、小学生から体験可能なキャメルスライダー。
係員の方が、きちんと案内してくれるので
安心してトライさせることが出来ます。


こちらは、高校生以上から参加可能なジャンピングスライダー。
勢いよくジャンプしてました(笑)


こちらは人気のロングスライダー。
ナイトプールだと、ライティングがかっこいい。


ロングスライダーは、浮き輪がないと参加できないのですが
現地でレンタルしています。
もちろん、持参もOKです。


こちらは、人気のボールプール。
子供も大人も一緒にのんびりできるゾーン。
ライティングが綺麗に反映されるので、写真撮影におすすめ。


お帰り前には、こちらのシャワーを使います。
オープンエア&男女兼用なのでここは、体を流す程度。


プール内には、レンタルショップも用意されています。
水着、浮き輪など必要なものは全部そろっています。
プール内で携帯電話と小銭を持ち歩くのに便利な
ビニールケースもこちらで販売されています。


そして、ハウステンボス限定のお菓子も販売されていました。
柿の種、気になる(笑)

お台場ウォーターパークは、7月15日にオープンします。
夏の日差しの元でプールを楽しみたいときは10:00~17:00の昼の部がおすすめ。
日差しを気にせず、ゆったり遊びたいときは18:00~21:00の夜の部がおすすめです。

スタッフの方がしっかりと対応なさっているので
家族連れでも安心して遊べるプールでした。

ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか?




「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/ブロガー GUCCI、CHANELにてキャリアを重ね独立。海とファッションが好き。ブラジル人の夫と娘とベイエリアにてのんびり暮らし。