オーバーオールとオフショルダートップスで雨の日スタイリング


Tops:whimgazette
Overall:Zara
Shoes:OKA
Bag:pinkice

原田かれんです。

まだまだ雨の心配が残る日があります。
そんなの時は、レインシューズを使ったスタイリングをします。

もちろん、長靴もかわいいのですが
やっぱり重さがあってフットワークもいまいちだし
お洋服も長靴がメインになってしまうんですよね。

今回は、アメリカのレインシューズのOKAを使って。
ラバーパンプスなのですが
柔らかくて履きやすいのでおすすめです。

私の大好きなオーバーオールと合わせてみました。

オーバーオールの時には
思いっきり女性らしいトップスを合わせるのが私のスタイリング。
オーバーオールがワークアイテムなので
組み合わせ次第では、ただの作業着になってしまいます。
そんなわけで、異なるテイストを合わせてテイストミックス。
そうやって自分のテイストを作るのが好きです。

今回は、ウィムガゼットのオフショルダートップスを合わせています。

オフショルダーは、人気のアイテムなので
たくさんのブランドから色々な商品が出ています。

私が選ぶポイントは
「デコルテのデザイン」
「素材」
の2点です。

デコルテのカットが「割烹着」にしか見えないものも多い。
「スモッグ」にしか見えないものも多いです。
これって、肩廻りを強調して
中年のおばちゃん度がぐんとアップしてしまうんですよね。

なので、デコルテのゴムの部分は
細身ですっきりとしたデザインのものを選んでいます。

素材は、上質なものを。
化繊は、粗悪なものも多いです。
粗悪な化繊は、ものすごく貧祖に見えてしまいます。
言葉は悪いですが「安っぽく」見えてしまうんですね。
なので、ここも天然素材を選んだり
化繊でもしなやかで肌を美しく見せてくれるものを選びます。

値段の高い安いではなく
自分を美しく見せてくれるものを選び抜く力って
歳を重ねれば重ねるほど必要になってきます。

こだわりっていうのかな。
こういうのの積み重ねが
自分らしさを形成していくのだろうと思います。


「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/スタイリスト 美大卒業後、ファッションの世界へ。グッチやシャネルの日本法人勤務後、独立。グローバル企業出身、自身も国際結婚をしていることから、 グローバルな視点での「ファッション」「ビューティー」「フード」「インターナショナル子育て」などについて「わくわく」「ハッピー」をテーマにしたライフスタイルのヒントを発信中。