Miskeの2017/AW展示会へ。


原田かれんです。

先日は、お友達にお誘いいただいてMiskeの2017/AW展示会に行ってきました。

Miskeは、心地良さを追求したブランドです。



洗練された女性のための
凛とした自然体の心地よさを感じます。

こういうのを纏うことで
内側から洗練されるんだろうな、と思います。

お洋服って、内面を表現するものなので。


ざっくりしたニットたち。
私は、大学でテキスタイルデザインを専攻していたので
こういう毛糸には、ものすごく惹かれてしまう(笑)

やっぱり、毛糸って良いものだと思う。
糸をつむぐところから人の手で行うので
ぬくもりを感じることができる。
そして、一代で終わりでなく
大切にずっと引き継いで行ける素材でもある。
毛糸、やっぱりいいなと改めて実感してしまいました。

Miskeのお洋服は、本当に素材が素敵。
着心地の良さは、もちろんの事
環境やモノづくりなどお洋服を包括的に考えて作られているな、と感じます。

私が買って、娘ちゃんに引き継いでもらいたい。
そんな気持ちになるお洋服。

深みのあるマスタードカラーのニットワンピース
渋みのあるオリーブ色のツーピース。
気になるアイテムがいくつかあったので
発売日が楽しみです。

Miskeのサイトは、こちら
通販もされているので、ぜひチェックしてみて下さいね。








「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/ブロガー GUCCI、CHANELにてキャリアを重ね独立。海とファッションが好き。ブラジル人の夫と娘とベイエリアにてのんびり暮らし。