ビビットカラーのパンツを綺麗に着こなす。


トップス:pinkice
パンツ:beamsboy
パンプス:sante borella
スカーフ:ヴィンテージもの
ハット:ヨーロッパのもの

Karen Styleの原田かれんです。

今回は、ビビットカラーの着こなし方を解説します。

春夏の季節に人気が出てくるのが、ビビットカラー。
今シーズンも、ピンクやイエロー、グリーンなどが人気となっています。

そんな中
「着てみたいけど、組み合わせが分からない」
という質問をよく受けます。

カラーの組み合わせ方は、いくつかあります。

・補色を使ってそれぞれを引き立たせる
・同色系でまとまりを出す

などなど。

では、これらを踏まえて実際にビビットカラーを着てみましょうとなると

「ビビットカラーが悪目立ちしていないか?と落ちつかない」
という心配が出てくる方も多いです。

確かに。。。わかる気がします。

そんなわけで今回は、
ビビットカラーが主役になりつつ悪目立ちしないカラーリングにしています。

ビビットなグリーンのパンツに
落ち着きのあるネイビーを組み合わせます。

ビビットなグリーンと深みのあるネイビーの間には
補色の位置にある
オレンジ~イエローが混ざったスカーフを合わせて
アクセントを付けましょう。
こうすることで
トップスとボトムスのカラーバランスをなじませることが出来ます。

足元は、グリーンのパンツを引き立たせるように
トップスと同じネイビーを持ってくると
全体が引き締まります。

補色の関係にあるレッド~イエローのシューズを合わせると
グリーンのパンツと共に引き立って
アクセントになります。

今回のポイントは、
面積の広いトップスにネイビーを使って落ち着きを出したこと。
これって、かなり心理的な効果があります。
まず、着ている自分自身が落ち着くので(笑)

足元は、面積が小さいので
ネイビーで引き締めても良いし
逆に補色でアクセントを付けて遊んでみるのも良いです。

カラーリングは、メイクと同じで
「いきなりこのカラー使ってみて」というのは
心理的に難しいことがあると思います。

なので、徐々に着たいカラーに挑戦していく。
この姿勢が大事。

なんだか元気が出てくるビビットなカラー。

ぜひ、チェックしてみて下さいね。






「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。