フリンジジャケットをコンサバテイストで。


Karen Styleの原田かれんです。

季節の変わり目なので、お洋服のコーディネートにお困りの方も多いのではないでしょうか?

今日は、冬と春の間のコーディネートをしてみました。
秋冬に使うフリンジレザージャケットに春夏のワンピースを合わせています。

フリンジレザージャケットをコンサバで。
これがテーマです。

フリンジレザージャケットですよ。
プレスリーですよ。
素麺がついちゃってるみたいなやつですよ。
コンサバの対極にいるアイテムですよ。

でも、私は。
敢えて、これをコンサバに着こなしたい。
なぜなら、ファッショニスタだから。
好きなんだよね、こういう挑戦が。

人と同じなんて、つまらない。

春夏というとすぐに
「パステルカラーを合わせなきゃ」
「春物買いに行かなきゃ」
とすぐに買い足しを考える方も多いのですが。。。。

今あるものも、上手に使えますから(笑)
別に、きれいな色を着なくても軽さは出せますから(笑)

アウターに対して、インナーの素材や色を春仕様にするだけで軽さが出てきます。
また、カラーも秋冬のダークカラーに対して
ホワイトやベージュなどのライトカラーを使えば軽さは出てきます。
別に、春らしい黄色やピンクやブルーでなくても、大丈夫。

今回は、カジュアル要素の強いフリンジジャケットに
シンプルなホワイトのワンピースを合わせています。

そして、足元はヒールパンプスを。
ヒールパンプスによってコンサバなテイストを加えてきちんと感を出します。
パンプスのカラーは、アウターとリンクさせると統一感が出てくるので
カラーリングを楽しみましょう。

もうちょっとカジュアルにしたい時は、ショートブーツもおすすめです。
足元に安定感を与え、全体が引き締まります。

そして、ウエストにはベルトでアクセントを。
ベルトをつけることによって、ウエストを作っていきます。
そうするとメリハリが出てスタイルアップして見えます。

おしゃれをするとき
ついつい体型が気になって隠す方が多いのですが
短所を隠すより、長所を生かした方が素敵に見えます。
スタイリングって、視覚効果。
メリハリが大事なんですね。

ウエストの太さを気にするあまり
「茶筒」みたいに見えちゃったりするともったいない。
だったら、ウエストを見せて
ちゃんと脚の長さを出した方が綺麗に見えます。

あと10日もすれば桜が咲き始めます。
季節の変わり目のおしゃれも楽しんでくださいね。








「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。