ショートパンツの着こなしポイント。大人編。


Karen Styleの原田かれんです。

ショートパンツの日。

年齢を重ねると
ショートパンツは
フェミニンにまとめるのが好き。

やっぱりファッションって
「品」なんだよね。
「品」ってその人の年輪というか
積み重ねてにじみ出るもの。

だからこそ
ショートパンツで若さを主張するのではなく
女性らしいしなやかさを出したい。

そんなわけで。
私は
ショーパン
とか
オフショル
とかを
いい歳した大人が使う言葉ではないと思っている。
だから使わない。
そもそも
美しくない言葉になっているのが嫌。

ま、些細な事なんだけど。
そういうとこは
こだわりを重ねていきたいんだよね。

さてさて、ショートパンツの着こなし解説です。

①ショートパンツの選び方

大人なら、ちょっとサイズにゆとりを持った台形シルエットがおすすめ。
ぴったりサイズやタイトなシルエットは、ヘルシービューティーなティーン向け。
変な肉感がでて悪目立ちしないよう、サイズとシルエットは選びましょう。

②どこか隠すと品が出る

露出が高いアイテムなので、他のアイテムでは露出を押えるのがポイント。
足元は、ショートブーツ、レースアップサンダルなどで安定感を出す。
トップスは、フリル、レースアップなどでフェミニンに。甘辛ミックスにする。
などに気を付けるときれいにまとまります。

③全体のテイストをまとめる。ヘアメイクも考えること。

一番大切なのは、ファッションに合わせてヘアメイクもすること。
ファッションがカジュアルなのに、メイクはコンサバだと
テイストがちぐはぐになってしまい「若作り」に見えることも。
ファッションがカジュアルなので、メイクもカジュアルダウンして。






「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/スタイリスト 美大卒業後、ファッションの世界へ。グッチやシャネルの日本法人勤務後、独立。グローバル企業出身、自身も国際結婚をしていることから、 グローバルな視点での「ファッション」「ビューティー」「フード」「インターナショナル子育て」などについて「わくわく」「ハッピー」をテーマにしたライフスタイルのヒントを発信中。