春の衣替え。ウールのコートはいつまで?


Karen Styleの原田かれんです。

先日、スタイリングを担当しているお客様から

「ウールのコートはいつまで着られますか?」

というご質問を頂きました。

確かに、いつから春の装いをするべきか。。。
迷うものですよね。

私がお勧めするのは、3月15日くらいまでです。

日本人が春を感じる桜の開花が3月25日前後ですよね?
そうすると、分厚いウールのコートも3月15日あたりで終わりにして
自分自身も春のお洋服にシフトして
桜の開花を待ちましょうと提案しています。

分厚いいかにも「冬のアイテム」というコートは
3月の上旬で終わりにします。
その後は、
・ウールなら、薄手のもの
・ウールなら、カラーはネイビー、ホワイト、ライトカラー
これを基準にアウターを選びます。
3月15日過ぎからは、スプリングコートに。
寒い時は、
インナーに薄手のニットを着込んだり
明るいカラーのストールを巻いたり
と春らしさを感じるアイテムで防寒します。
ライナー付きのコートを選べば、ライナーをプラスできるので
こちらもお勧め。

うーん、おしゃれってある意味「気合い」なので(笑)
だって、季節感なく、着ぶくれするくらいなら
スタイリッシュに見せたいですから。

ファッションと季節って深く繋がっています。
ちょっと先取りすると、おしゃれな印象に。
ちょっと遅れると、野暮な印象に。

人より半歩から一歩先取りすると
ものすごく洗練されたイメージになるんです。

足元も同じで
いつまでも冬のブーツや
分厚い黒タイツでいると「季節感のない人」に。

思い切って足が見えるパンプスに切り替えると
ぐっとスタイリッシュになります。

おしゃれは、ちょっとしたことで印象ががらりと変わります。

ファッションでも季節を楽しんでくださいね。






「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/ブロガー GUCCI、CHANELにてキャリアを重ね独立。海とファッションが好き。ブラジル人の夫と娘とベイエリアにてのんびり暮らし。