2017年手帳はEDiTに。


Karen Styleの原田かれんです。
2017年がスタート。
そして、今年の手帳はEDiTにしました。

プライベートも仕事も管理するツールなので
私にとっての手帳選びは、とっても重要なのです。
そんなわけで、去年の秋には「どれがいいかなぁ?」と選び始めました。

昨年は
時間軸がメインになっているもので時間とタスク管理をし
MTGの内容、アイディアや感情は、別のノートに書き込んでいました。
つまり、2冊持ち。。。。
こういう使い方だと
頭の中とスケジュールが別々になるので
私にとっては都合が悪いものでした。

仕事柄、様々な企業の色々な案件を同時に進行していきます。
また、スタイリングや執筆などはクリエイティブなものなので
ふとした瞬間にアイディアが出てくることもあり
それを書き出す場所が必要です。
スケジュールとアイディアが一度に管理できる手帳を見つけなければと思いました。

そして、色々と見比べてみて、選んだのがEDiT。

B6変形タイプにしました。

中身は、こんな感じ。

1ケ月の見開きページ。
ここで、自分のスケジュールと家族のスケジュールを色分けして管理します。


ここは、1日のページ。
・縦の時間軸でタイムスケジュールを管理
・To Doリストでタスク管理
・フリースペースで、アイディアやMTG内容の書き出し
・就寝時間の時間軸で、お金の管理
これらを色分けして行っています。
ちなみにペンは、消せるボールペンで芯が細いもの(0.38ミリ)を使っています。
実際に使うと、0.38と0.5ミリって全然違う。。。。
私は、視覚で情報をインプットしたりアウトプットしたりするタイプなので
ペンの太さにもこだわるタイプです。
どうせなら、見やすく、書きやすくというものを選びたい。
こういうことって、結局、継続できるかできないかのテンションを変えていくと思います。


そして、2017年1年のヴィジョンやテーマのページと
毎月のヴィジョンやテーマ、やることリストアップのページもあります。
こういうページも、丁寧に自分と向かい合う時間を作って、書き込んでいきたいもの。
自分がきちんと書けたと思えると、自然と振り返ってみるものです。
例えば、SNSなんかもそうだと思うんです。
自分の感情をのせることが出来た投稿って
他の人の反応が気になって
ついつい見返したりしませんか?
手帳も同じ。
自分が思いをのせて書いたものは、自然と見返すようになります。


で、お気づきの方もいらっしゃると思うのですが。。。
このEDiTは、リフィルです。
実は、気に入ったカバーがなくて
「あ、このピンク、かわいい」と思って手に取ったらリフィルでした。
うーむ。。。。と悩んだのですが
このピンクが気に入って手に取ったし
このピンクよりも気に入るカバーがないし
というわけで、このまま使おうと思います。
私、結構こういう人なんです。
実は、iphoneもケース無しで使ってる。。。。
気に入ったケースがないので
「じゃ、見つかるまではそのままでいいや」と思う人です。
apple storeで
「男前な使い方ですね~!でも、デザインを最大限に生かされていますよね」
と言われました。
確かに。。。そうだわ(笑)

今年は、この手帳を使って
クリエイティブに、マイペースに
私らしく過ごしていこうと思います。
「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/ブロガー GUCCI、CHANELにてキャリアを重ね独立。海とファッションが好き。ブラジル人の夫と娘とベイエリアにてのんびり暮らし。