ベージュパンプスとエナメルパンプス

img_1
「ベージュパンプスの選び方」「エナメルパンプスの選び方」について聞かれます。

うーん、私、

ウィークポイントを指摘するのってあんまり好きじゃないんだけど。。

季節は秋なので、今日もたくさんベージュエナメルパンプスを見かけました。

ベージュパンプス、人気ですよね。

でも、みなさんご自身のお肌に合ったベージュを選んでいるかなぁ?

ベージュは、お肌の色を考えて選ばないといけない色です。

お肌をきれいにも、汚くにも見せる色。

足の甲の肌色とベージュパンプスだけの組み合わせで

コーディネートをすると悪目立ちすることがあります。

ファンデーションもそうですよね?

手の甲で色合わせをして、

「この色でOK」と思ってもお顔に塗ったら、全然合っていなかった!ってよくある話。

ファッションについても同じです。

あとは、黒タイツにベージュパンプスを合わせる場合も。

いろんな色の入ったトップスやボトムスに

黒タイツを合わせることで、全体に落ち着きとまとまりを出したのに

足元にベージュパンプスを合わせることでバランスが崩れてしまう。

「オバケのQ太郎」のように、

脚は真っ黒で、足だけが真っ白で目立っているみたいに。(笑)

そんなこと言ったら、ベージュパンプスが恐ろしくて履けなくなってしまうので

スタイリストからのアドバイス。

「必ず全身を見ましょう。」

ファッションってバランスです。

必ず、コーディネート全身を見ることで、

こういったバランスの崩れを防ぐことができます。

黒タイツ×ベージュパンプスの組みあわせも

全体を黒×ベージュでまとめればとてもエレガントになります。

そして、これはおまけで。

エナメルは、とてもデリケートな素材です。

雨の日対策の素材ではありません。

エナメル=雨の日も大丈夫と思っていらっしゃる方がとても多いですが、違います。

ちゃんと素材を確かめて、雨の日ファッションを楽しみましょう。
「KarenStyle」へのお仕事の依頼や取材依頼、セミナー依頼はこちらより受け付けております。 その他にも様々なご依頼は、お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションコンサルタント/ライター/スタイリスト 美大卒業後、ファッションの世界へ。グッチやシャネルの日本法人勤務後、独立。グローバル企業出身、自身も国際結婚をしていることから、 グローバルな視点での「ファッション」「ビューティー」「フード」「インターナショナル子育て」などについて「わくわく」「ハッピー」をテーマにしたライフスタイルのヒントを発信中。